Welcome to my blog! 映画とか本とかの感想を記録してみました          好みが片寄ってることをあらかじめご了承願います


by hat66840

歌舞伎:義経千本桜 一幕 河連法眼の館の場

国立劇場の7月の歌舞伎鑑賞教室です。

始めに40分程度、舞台とか音楽とか歌舞伎についての説明があって
これが面白かったです☆

説明してくれる、市川春猿さん笑三郎さんのかけあいが楽しくって☆
普段は表にでない楽師さん(?)達が、床下から楽器ごとせり上がってきて
目の前で演奏してくれたり
その音楽の使いの説明方で『ヒロシ』のコントを例にあげてくれたり
『おもだかや!』って、屋号のかけ方を練習したり
この春猿さんが、女性かと思うくらい可愛い方でびっくりしました☆

さて、2回目の歌舞伎ですが、先月見たのとは全然違ってました。

キーとなる小物が『初音の鼓(はつねのつづみ)』
後白河天皇から授けられた(頼朝を討て)という謎かけをふくんだ
曰くつきの一品ですが、この皮に使われている狐の子供:源九郎狐が
鼓の近くにいるために、静御前の護衛役:佐藤忠信に化けていて
最終的には、その孝行心が義経の心を打つという物語でしたが・・・

まず、市川笑也さん演ずる静御前が凛とした感じで素敵☆でした

そして、今回は2階席だったんですが、コレが大正解!
だって、6人の腰元たちが屋敷の中を見回るの動きとか
義経を襲いにくる6人の荒法師たちのアクロバティックな動きとか
舞台真ん中を軸に対象になっていて、その全体が美しくって☆

で、なんといっても市川右近さんがすごくってですね☆
1人2役で演ずる源九郎狐のきつね風でかわいらしい様子と本物の佐藤忠信の
キリリとした忠臣ぶりの落差と早変わりがおもしろかったし
さらに、源九郎狐役としての演技のえびぞりや欄干わたり…みたいな
ハードな動きは素晴らしかったし
宙づりで桜吹雪が舞う、華やかな退場シーンにはやっぱり盛り上がったし

源九郎狐のけなげな様子にほろりときて
腰元や荒法師たちのレビューチックな華やかさにうっとりして
静御前の凛とした様子や、源九郎狐の妖しの演技を堪能して
終わった後は、軽く興奮状態になるくらい、大満足の作品でした☆

満喫度:¥4,200超/¥4,200   (満喫できた金額/チケット+音声ガイド代)
[PR]
by hat66840 | 2005-07-10 23:27 | その他