Welcome to my blog! 映画とか本とかの感想を記録してみました          好みが片寄ってることをあらかじめご了承願います


by hat66840

映画:8月のクリスマス

韓国のオリジナルが好きだったのと、『月とキャベツ』が
好きだったので、なんだかとっても期待していたみたいで
物足りない気持ちでいっぱいになってしまいました。

山崎まさよしが『おじさん』って、ちょっと違和感あったし
純情ムードがちょっと・・・
相合傘のシーンで、手馴れた感じで腰に手を回されたときに
う~~~んって、小っちゃくうなっちゃてたりして・・・

ヒロインの『ゆきちゃん』も、『おじさん』が笑顔にならずに
いられない天真爛漫な感じがいまひとつな感じな気がしたし・・・

韓国版だと静かに死と向き合う『おじさん』のココロの中を
察して、涙がボロボロだったけど・・・
全然泣けずに、アレ?こんな話だっけ???って
拍子抜けな気分で終わってしまいました。

満喫度:¥350/¥1,000  (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
by hat66840 | 2005-10-13 02:41 | えいが