Welcome to my blog! 映画とか本とかの感想を記録してみました          好みが片寄ってることをあらかじめご了承願います


by hat66840

カテゴリ:ほん( 13 )

映画『レモニースニケットんの世にも不幸せな物語』の原作1作目です。
(映画を見て読んだので、どうしても比較になってしまいますが・・・)

1作目はオラフ伯爵に預けられたお話で、映画は原作を忠実になぞって
いるようです。
(オラフ伯爵の家[線路の危機がなくて]⇒結婚式のお芝居という感じ)

大きな違いは

 1.ストラウス判事
   映画ではちょっとしかでませんが、本だと結構大切な役です

 2.ラストの結婚式の危機のすり抜け方
   本ではクラウスもがっちり見張られて、どうなるのかハラハラでした

キャラのイメージもオラフ伯爵+演劇仲間と、Mr.ポーはちょっと違ってました

  オラフ伯爵+演劇仲間:
    ジム・キャリー達と違って、不気味で残酷な感じのまさに『悪いヤツら』
  Mr.ポー:映画ののんきな雰囲気はなく、ガチガチに頭の堅い大人という感じ
 
『目』(もっと不気味な描写でしたが)と『望遠鏡』、パパ&ママの死因には
触れられておらず、まだまだ謎でいっぱいなのですが・・・・

なんと2作目が、本屋さん・問屋さんとも品切れとのことで読めません××
(3作目、8作目以降はあったのですが、みんな読んでいるんですね~)

はやく続きが読みたいです~

満喫度:¥1,000/¥1,638 (満喫した金額/売価)
     文字が大きくて、そんなに長い話ではないので・・・
     ペーパーバックでいいから安くしてほしい・・・
[PR]
by hat66840 | 2005-05-07 10:50 | ほん
この本は、映画のパンフレットで興味をもちました。

吸い込まれるようにストーリーに引き込まれ、最後まで読まされて
しまいました。

登場人物で特に思い入れたい人がいなくって、単純にストーリー
で読まされたという印象です。

重くもなくて軽すぎもしない、のんびりしたい休日にちょうどよい
ちょっと懐かしい感じがするラブストーリー(?)でした。

映画になるとまた、違った話になってしまうかもしれませんが
映画も楽しみです。

満喫度:¥690/¥690 (満喫できた金額/定価)
[PR]
by hat66840 | 2005-05-03 08:09 | ほん

本:いい女/藤本ひとみ

主人公:詩織の変化から目が離せず、一気に読み終えました。

誰かに頼って・家族の中でもひっそりして、みたいな詩織には最後まで
違和感を感じたのですが、容貌が変貌していく、その過程から目が
はなせませんでした。

変化のきっかけとなる同窓の蜜子のしたたかさとキレイを追求する姿勢の
潔さには、女として憧れます。

若干昼メロちっくな、軽い本がほしい時にピッタリくる、キレイになりたい
気持ちが増す一冊でした。

満喫度:¥700/¥1,700 (満喫できた金額/定価)
      文庫でよかったかなぁ~という感じでした・・・
[PR]
by hat66840 | 2005-04-28 09:26 | ほん