Welcome to my blog! 映画とか本とかの感想を記録してみました          好みが片寄ってることをあらかじめご了承願います


by hat66840

カテゴリ:えいが( 56 )

ティムバートンワールド炸裂!でした~

ヨーロッパ風味漂う凝ったセットと、クラシカルな雰囲気
ダークな雰囲気とは対照的なせつなくてスウィートなお話

愛の誓い・指輪・ピアノの出会シーン・・・みたいなロマンティックなパートと
死後の国のブラックな面々が奏でる歌とダンスの華やかなパート

かわいくって☆面白くって☆酔いしれました~

あれ、あの凝った作品が全編ストップモーションってことですよね?
堪能させて頂きましたが、ホントに凄すぎです・・・

満喫度:¥1,800/¥1,300  (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
by hat66840 | 2005-10-23 02:49 | えいが
色がキレイで、お姉ちゃんのヘイフラワーと妹キルトシューが
めちゃめちゃかわいくって☆とろけました~

お話は、仕事人間のパパと家事が苦手で働きに出たいママと
愛情に飢えた子供たち・・・みたいな、ありがちなホームドラマで

ただ、そこにめいっぱいメルヘンフレーバーが加えられていて
とってもスウィート☆なお話に仕上がってました

何をおいても子供達の可愛らしさが、もうダントツで
怒っても、笑っても、眠ってても・・・
何をやってもかわいくって、こんなコ1人欲しい!
って、思うくらいでした。

それにしても、彼女たちの名前、何回きいても
ヘイフラワー:ヘイナハット、キルトシュー:ベルティトッシュ
みたいな発音で呼ばれてて、題名にまで使われてるので
違和感ありました~

満喫度:¥1,000/¥1,000  (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
by hat66840 | 2005-10-20 02:43 | えいが

映画:ステルス

続編があるウチの1作目としたなら、次が気になる映画でした。

テロ対策に選び抜かれたトップ・パイロットと最新の戦闘機の
音の振動と画面のブレで、マッハのイメージも伝わってくるような
その姿と飛行シーンはカッコよかったです、ホントに

無人戦闘機の人工知能EDIくんは、コンピュータの融通利かなさを
プラスした頭の良い子供といった感じで、とっても人間臭くって
かわいらしくも思えましたが、今後どうなっちゃうのか心配です。

でも『戦争はチームスポーツだろ』みたいなセリフとか
アナログな武器で戦うテロリスト?達を、最新鋭の武器で
攻撃する様は、まさに弱いものいじめな感じで、とっても
いや~な印象が残りました。

それにしても、あんなに甚大な被害をもたらした原因が
責任をとろうともしないたった一人のワンマン上官って
そんな軍隊、どうなんでしょう???

映画の冒頭で断り書きまで入れてあった、あのラストシーン
次があるって、ことですよね・・・?

満喫度:¥1,300/¥1,300  (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
by hat66840 | 2005-10-16 02:42 | えいが

映画:8月のクリスマス

韓国のオリジナルが好きだったのと、『月とキャベツ』が
好きだったので、なんだかとっても期待していたみたいで
物足りない気持ちでいっぱいになってしまいました。

山崎まさよしが『おじさん』って、ちょっと違和感あったし
純情ムードがちょっと・・・
相合傘のシーンで、手馴れた感じで腰に手を回されたときに
う~~~んって、小っちゃくうなっちゃてたりして・・・

ヒロインの『ゆきちゃん』も、『おじさん』が笑顔にならずに
いられない天真爛漫な感じがいまひとつな感じな気がしたし・・・

韓国版だと静かに死と向き合う『おじさん』のココロの中を
察して、涙がボロボロだったけど・・・
全然泣けずに、アレ?こんな話だっけ???って
拍子抜けな気分で終わってしまいました。

満喫度:¥350/¥1,000  (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
by hat66840 | 2005-10-13 02:41 | えいが
個人的にはすっきりしましたが、映画はお子様向けでした~

以前勤めていた会社の幹部陣が、事アルごとに
ウチは『ベアーズ』みたいな会社だから・・・

って、言っていて、意識に刷り込まれていたこのタイトルに
はりきって見に行ったわけですが

学生の時には、こういう成長系の映画が好きでよく見たので
ちょっと楽しみにしていたのですが
お話は、なんだか中途はんぱな感じでした。

ただ、個人的にやっと『ベアーズ』がどんなものかを知れて
それは、とっても満足でした。

満喫度:¥0/¥1,000  (満喫できた金額/チケット代)
     ごめんなさい。お金を払ってまで見たい感じではなかったので
[PR]
by hat66840 | 2005-09-28 23:20 | えいが

映画:青空のゆくえ

転校・淡い恋へのとまどい・花火・タイムカプセル・・・etc
中学時代のいい思い出ダイジェスト、みたいな印象の映画でした。

女のコの淡い恋みたいな部分が、丁寧に描かれていた
感じだったんですが・・・

『髪型が似てるから、人の区別がつかない~!』

というなさけない事態に陥りまして
女子バスケ部の速水・友達の少ない鈴木・幼馴染の春奈
の3人は、ごっちゃになってました。はい。
(3人一緒だと全然違うんだけど、1人で顔アップとかのシーン
 だと、このコ誰だっけ?って混乱しました・・・コレって老化??)

あと、引きこもりの友達、矢島信二くんが
最初から最後まで興味をひく設定になっているわりには
印象が薄くって、ちょっと残念でした・・・

う~ん・・・感想がうまくまとまらないんですが・・・

面白くなくはなかったけど、好みの範疇外といいますか
お金払ってまで見なくていいかも?って、感じでした。

満喫度:¥0/¥1,000  (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
by hat66840 | 2005-09-21 00:40 | えいが

映画:ルパン

ドレス・宝石・豪華客船・パーティ・・・豪華絢爛☆でした~

カルティエ提供の宝石たちがもう、キラッキラ☆輝いてて
あんなにゴージャスな宝石が見られただけでも
映画館に足を運んだカイがありました☆☆

なんといってもすごかったのが、カリオストロ伯爵夫人ジョセフィーヌ!

人殺しもためらわず、若いルパンにいれあげて
裏切られたら息子を盗んで、ワザを仕込む・・・みたいな

最初はそんなに美人に見えなかったのに
ラストまで、えらい存在感で他を圧倒して
最後には結構な美女に思えたから不思議なもので

ゾッとするほど、とんでもない悪女でした~

個人的には『カリオストロ伯爵夫人』って映画を見に行ったんじゃ?
って思ったほどでした。

長いし、ちょっといろいろ詰め込みすぎてた気がするし
ルパンがちょっと、軽すぎっぽい気がしたし
ルパンのパパは存在も伏線も中途半端だったし
せっかく恋を実らせた妻:クラリスは存在感なかったし・・・

物語としては大味な感じでしたけど

衣装・小道具と、カリオストロ伯爵夫人のインパクトは相当スゴくて
個人的には、満腹気分を味わいました。

あと(初日だったからかもしれませんが)テアトルタイムズスクエアでは
スタッフが皆さん仮面を着用されていまして、その遊び心も楽しませて
いただきました。好きな映画館が1個増えました☆

満喫度:¥1,500/¥1,800  (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
by hat66840 | 2005-09-17 20:47 | えいが

映画:理想の女

予告から受けたイメージと、全っ然違ってました。

苦手なドロドロ系の恋愛ものをイメージして、ちょっと腰がひけてたんですが

クラシカルな衣装とゴージャスな宝石を身にまとったブロンド美女☆
みたいな、予告映像が好みで惹かれたのと
上映館が、好きな銀座シネスィッチっていうのもあって見に行ったら・・・

南イタリアの避暑地という、景色も建物も美しくって
手袋とか帽子とか扇子とかドレスとか、クラシカルで
キレイな衣装や小物たちに、ほぉーってなって

物語は、ちょっとどうかな?って思うところもありましたが・・・
ハーレクイン系といいますか、少女漫画ちっくなラストのまとめに
乙女ゴコロをくすぐられました。

世の中の嫌なコトからガードしてくれるとか
ダメな部分も含めて受け入れてくれるとかの
見守ってくれる系の男の人、やっぱり素敵です☆

欧米系の大人の女性でも、ある意味ファンタジーな
こんなかわいらしい純情っぽい話もありなんですね。
ちょっと新鮮でした。

満喫度:¥1,200/¥900    (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
by hat66840 | 2005-09-17 00:41 | えいが
ティム・バートン、すご~いです!!

本でよんでた、あのチョコレート工場の世界が
想像をはるかに超えた形で、映像化されていました。

オープニングの燃える人形から、ブラック風味にワクワクしつつ

チャーリーのおウチのおじいちゃん・おばあちゃんの4人ベッドと
チャーリーがチケットを当てる時は、あまりにもイメージ通りで
涙がじんわり浮かんで来たほど、胸が熱くなりました☆
(小躍りして喜ぶジョーじいちゃん可愛すぎ☆)

そして、ウンパ・ルンパ☆
あのシリアスな顔と小ささから醸し出される
独特なきもかわいい歌と踊り、結構好きかも~

が、ジョニー・ディップのMr.ウォンカが・・・すみません、私ダメでした。

ファンキーなMr.ウォンカの夢のチョコレート工場と
やりすぎたいたずらを思わせる、おしおきのブラックさ
みたいな、無邪気度高めのロアルド・ダールの世界の方が好みっていう・・・
ただ、それだけなんですけどね。

あの子供時代のトラウマみたいなシーンとか
最後にチャーリーが家族の大切さを教える・・・みたいな
お子さま向けっぽい、お行儀よさげにまとまった感じが
ちょっと鼻についちゃって個人的にダメでした・・・

でも、映像はとっても素敵☆だったので
あのイメージで、また、原作を読み返して楽しみます。

そういえば、チョコレートの香り効果つき劇場で見たんですが
工場に足を踏み入れる時の、あの香りの臨場感はスゴかったです。
(他のシーンでの香りの記憶はあんまりないんですが・・・)

満喫度:¥1,300/¥1,300  (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
by hat66840 | 2005-09-13 21:51 | えいが
キレイでかわいらしい印象の映画でした。

メゾン・ド・ヒミコの建物が、すっごく好みで☆
オープニングの影からガツンとやられて、海の見える窓も
大きな食卓と小洒落た食器も、洗濯物を干すデッキみたいな所も
卑弥呼のお部屋も、山崎のお部屋とベッド☆も・・・
あー、好きな所をあげたらキリがないかも~☆☆

音楽もいい感じで流れてたし

衣装もとってもキュートで、みんな、みんなかわいかったけど
オダギリジョーの坊っちゃま風の衣装が最高☆☆でした
真っ白いフリルのシャツとか、水色のシャツにブルーのパンツとか
かわいらしいのに、無精ひげ風のヒゲがワイルドな味もだしてて
とっても素敵☆☆☆でした。

ちょっと長い気がして途中ダレちゃったし
キュッて心を捕むシーンが多いわりに、物語としての印象が薄い
感がありますが、キレイな映画なので大画面で見て楽しめました。

満喫度:¥1,300/¥1,500  (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
by hat66840 | 2005-09-10 20:12 | えいが