Welcome to my blog! 映画とか本とかの感想を記録してみました          好みが片寄ってることをあらかじめご了承願います


by hat66840

カテゴリ:えいが( 56 )

映画:フォーガットン

母は強し・・・といいますか・・・

事故でなくした息子の存在を否定され、存在していた証拠もどんどん消えて
いって、自分自身も危険な目にあっていく・・・・

という、その不気味さと不安さ加減は、母親ケリー(ジュリアン・ムーア)目線で
ドキドキさせられました。(音と映像もドキドキです!!)

が、職業:編集者のお母さんがそんなに走れていいんですか?ってくらい
体力ありすぎだし・・・

娘をなくしたお父さん(ドミニク・ウェスト)や、ポープ刑事(アルフレ・ウッダード)
みたいな、お?っと気になる人たちが、あれ?って感じで中途半端に消えて、
最後にひとり残る執念に近いヒステリックな様子のケリーは怖かったし・・・

とにかく母親(の愛情?)が強い映画なんだな~というインパクトはありましたが、
正直、その強さにはちょっとついていけませんでした×××

ラストも、ひねりなくやっぱりソコなんだという感じでいまひとつでしたが
ドキドキ・ハラハラ感がただ事じゃないということは間違いない映画でした。

満喫度:¥350/¥1,200  (満喫できた金額/チケット代)
     DVDでよかったな~という感じでした
[PR]
by hat66840 | 2005-06-05 01:59 | えいが
う~ん、上手い映画でした。

はじめのウチは、話も、主役のエヴァン(アシュトン・カッチャー)も
好きな感じじゃなかったのに、話のつなぎが上手くて、うっかり、
世界に引き込まれてしまいました。

ハラハラ感も、大きい画面といい音で見て楽しめる映画だと思ったし、
ラストの感じは好きなんですが・・・

エヴァンが恋するケイリー(エイミー・スマート)が、存在感薄過ぎじゃ
ないですか!?
最初から最後までエヴァンが頑張るだけの魅力があったかな~?

ってふに落ちなくて、上手いと思ったし、面白いとも思ったんですが、
頭で楽しんだ感じでなんか印象が残りませんでした。

彼女が、エターナル・サンシャインのケイト・ウィンスレットくらい
Cuteだったら、きっと好きな映画だったなぁ~、残念×××

あと個人的には、刑務所の中で同室だったおにーさんがカッコよくって☆
気になりました。
最後のバージョンで、彼も幸せになっててほしいなぁ~

満喫度:¥1,100/¥1,000  (満喫した金額/チケット代)
      初めて映画館で地震にあいました・・・怖かった・・・
[PR]
by hat66840 | 2005-06-01 22:55 | えいが
マギー(ヒラリー・スワンク)の明るさが光っていた映画の間よりも
思い返してる今の方がせつなさがこみあげてきます。

人生はそんなににがいものですか・・・?と言いたいくらい痛々しくて

人を愛するって覚悟がいるなぁって思うくらいの、愛の形を見せられて

フランキー(クリント・イーストウッド)の背負った傷の深さを思うと、
あまりのせつなさに胸が痛みます。

クッション役と語りで独特の存在感のあったスクラップ(モーガン・
フリーマン)が欠けたら、もっと悲惨なギスギスした感じになって
お話が成り立たなかったかも?と思ったことも書いておかなくちゃ☆

ファイトあふれる成長物語を想像していたので、期待とは全然違ってましたが
残った余韻がじんわりしみてくる、せつなくて、いい映画でした。

満喫度:¥1,800/¥1,200   (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
by hat66840 | 2005-05-29 01:47 | えいが
???、情けないことに全然わからなくって・・・

ニコール・キッドマンの盗み聞いちゃったことはなんだったの?自演?とか
フルートとか演奏家を印象に残して、盗み聞きのコトだけなんだ?とか
クマン・クマン ゾーン+お兄さんは、結局誰に、なんで殺されたの?とか
簡単に結構派手に人を殺しといて、最後、そんなんでいいの~!?とか

家族を殺された⇒国家元首の命を狙う・・・という、そのつながりが
どうしてもわからなくって、フラストレーションがたまりました。

好みと違うなぁとか思いつつ、ニコール・キッドマンを見に行った映画で
残念ながら、役柄の魅力は感じられませんでしたが・・・

すらりと美しいニコール・キッドマンに、ダイエット熱が高まった一作?でした。

満喫度:350円/1,000円 (満喫できた金額/チケット代)
     夏に向けてのダイエット意欲が高まったから、ま、いっか
[PR]
by hat66840 | 2005-05-25 07:57 | えいが
美しい物語を見た・・・後のメッセージが印象に残りました。

新聞も読まない私が世界情勢や聖書のことをもっと知りたい
って思っちゃうんだからスゴイです・・・

正義の騎士オーランド・ブルームも美しかったのですが、個人的には
キリスト教徒の王様とイスラム教徒の指導者サラハディンが、カッコ
よくってシビれました。

歴史物は好き・嫌いの幅が大きいので、どうかなぁって思ってたけど
コレは見にいってよかったです☆

満喫度:¥1,800/¥1,000 (満喫した金額/チケット代) 
[PR]
by hat66840 | 2005-05-18 22:59 | えいが
ベタなコメディ絵本といいますか・・・

偵察隊の白イルカくんはじめ、海の生き物が超Cuteでした☆
衣装の色使いとか船のつくりとか、かわいい&キレイな映像も好みで
力を抜いて楽しめるボッサ風な音楽も○でした。

そして、主人公:落ち目の監督スティーブの奥さん(離婚寸前)エレノアが
カッコよかった!

映画の始めで、前の夫に「いままで出会った中で最も美しい生き物」と
いわせしめた時には、なんの冗談!?と思ったくらい、ふてぶてしい
マダ~ムな容貌の彼女に、最後にはちょっと憧れちゃいました☆

ベタなコメディな感じが私はちょっとダメで、積極的に好きとはいえないけど
嫌いじゃないかも?といった感じです。

近くの外人さんは声を出して笑っていたので、英語がわかったら、もっと
面白かったかも知れませんが・・・
(しかし、恵比寿の映画館、外人率高し・・・)

満喫度:¥1,200/¥1,800 (満喫できた金額/チケット代)
     話は全然好みじゃないのに、映像とエレノアにやられました
[PR]
by hat66840 | 2005-05-11 22:42 | えいが

映画:緑玉紳士

緑玉は、グリーンピース。

(行商の)メガネ屋さんのグリーンピースが主人公のパペットアニメで
悪者との戦いもなんだかマヌケで、クスッと笑わせられてしまいました。
(盗まれてしまう売り物のメガネが詰まったトランクを取り返すのです)

色使いがパキっとしてて楽しいし、小物が凝ったつくりでかわいいし
動きが結構こまかくて、製作者(1人)が4年半もかかって作った
というのも納得です。

個人的には(悪いボス?の)執事(その名もバトラー)がカッコよくて好きでした☆

上映館の渋谷:シネマライズも、なんかカッコいい映画館でした~

満喫度:¥1,300/¥980 (満喫した金額/チケット代)
      かわいい話とか凝った小物に弱いので~
[PR]
by hat66840 | 2005-05-07 23:49 | えいが

映画:コンスタンティン

映画自体は好みの範疇外で、どっかから入り込めないか?とか
何か好きなところないか?とか、ず~っと考えながら観ていました。

で、好きな所、キアヌ・リーブス演じるコンスタンティンは好きでした。

よれよれの服装、適当に相当量すってる煙草、はきのないしゃべり方
どれもいい味出していました。

映画が終わった後、何がダメだったのかな~って考えて

席が一番端で、隣がちょっとうるさげで集中できなかったなぁとか
天使VS悪魔のシチュエーションがわかんなかったなぁとか
登場人物の誰にも共感できなかったよねぇとか・・・

で、結局、映画なんて好みがあるからしょうがないということで・・・
好き・嫌いはしかたがないですよね。

満喫度:¥500/¥1,000  (満喫した金額/チケット代)
      映画は好みじゃないので、コンスタンティン役の満喫度です
[PR]
by hat66840 | 2005-05-05 22:40 | えいが
新作の時に見逃したのをもったいないと思うほど、よい3本立てでした。

1.JSA
  『JSA』は板門店の国境付近のコトを指す言葉で、タイトルどおり南北の
  歩兵たちのお話でした。
  
  これが切ない・・・
  笑わせる部分と緊張させる部分とのギャップが大きさと、笑わせる部分の
  軍人の純朴さに胸がきゅぅっとしめつけられました。
  
  主要軍人4人のキャラがそれぞれに魅力的で、特に兄貴分のソン・ガンホの
  男っぷりにはホレボレさせられました。
  イ・ビョンホンはまだ若くてかわいらしい感じで、目の保養になったし
  残る2人の純粋な感じにも清清しい気持ちになりました。

  
2.純愛中毒
  恋愛ものは苦手なので、ちょっと微妙とおもっていたのですが
  切ない話に引き込まれてしまいました。
  
  兄夫婦・イ・ビョンホン・イ・ビョンホンに片思いの女のコ の4人の愛が
  とにかく熱いです。

  『愛をつらぬく』という言葉を、映像で味わうとこうなるか・・・という感じで
  まぁ、恋愛はキレイごとだけじゃなりたたないというところでしょうか・・・?


3.誰にでも秘密はある
  イ・ビョンホンがとにかくカッコよいです。  
 
  映画自体はありがちな感じの軽いラブ・コメディですが、イ・ビョンホンの
  ダテ男っぷりがはんぱじゃないです。

  そして、なんといってもラストのまとめ方が上手い!
  あのラストじゃなかったら、よく思えなかったに違いないほどです。 

最後に一言、イ・ビョンホンはホントにカッコいいですね~

満喫度:¥3,800/¥3,000  (満喫できた金額/チケット代)
      『JSA』は¥1,800でも惜しくなかった程よかったです
[PR]
by hat66840 | 2005-05-01 08:11 | えいが
面白かったです。

砂漠から脱出にチカラをあわせる、いろんな立場のぱっとしない人たちが
どんどんカッコよくみえてきて、思わず応援してしまいました。

配役の地味さ加減が役のぱっとしない感を+(プラス)して、それもまた
よかった気がします。

砂嵐とか迫力があって、ハラハラ感も登場人物の魅力も達成感もあって
まんべんなく楽しめた、映画館で見てよかった映画でした。

満喫度:¥1,100/¥1,000 (満喫できた金額/チケット代)
     一緒に見た『Shall we dance?』より若干よかったので・・・
[PR]
by hat66840 | 2005-04-27 08:52 | えいが