Welcome to my blog! 映画とか本とかの感想を記録してみました          好みが片寄ってることをあらかじめご了承願います


by hat66840

<   2005年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

映画『レモニースニケットんの世にも不幸せな物語』の原作1作目です。
(映画を見て読んだので、どうしても比較になってしまいますが・・・)

1作目はオラフ伯爵に預けられたお話で、映画は原作を忠実になぞって
いるようです。
(オラフ伯爵の家[線路の危機がなくて]⇒結婚式のお芝居という感じ)

大きな違いは

 1.ストラウス判事
   映画ではちょっとしかでませんが、本だと結構大切な役です

 2.ラストの結婚式の危機のすり抜け方
   本ではクラウスもがっちり見張られて、どうなるのかハラハラでした

キャラのイメージもオラフ伯爵+演劇仲間と、Mr.ポーはちょっと違ってました

  オラフ伯爵+演劇仲間:
    ジム・キャリー達と違って、不気味で残酷な感じのまさに『悪いヤツら』
  Mr.ポー:映画ののんきな雰囲気はなく、ガチガチに頭の堅い大人という感じ
 
『目』(もっと不気味な描写でしたが)と『望遠鏡』、パパ&ママの死因には
触れられておらず、まだまだ謎でいっぱいなのですが・・・・

なんと2作目が、本屋さん・問屋さんとも品切れとのことで読めません××
(3作目、8作目以降はあったのですが、みんな読んでいるんですね~)

はやく続きが読みたいです~

満喫度:¥1,000/¥1,638 (満喫した金額/売価)
     文字が大きくて、そんなに長い話ではないので・・・
     ペーパーバックでいいから安くしてほしい・・・
[PR]
by hat66840 | 2005-05-07 10:50 | ほん

映画:コンスタンティン

映画自体は好みの範疇外で、どっかから入り込めないか?とか
何か好きなところないか?とか、ず~っと考えながら観ていました。

で、好きな所、キアヌ・リーブス演じるコンスタンティンは好きでした。

よれよれの服装、適当に相当量すってる煙草、はきのないしゃべり方
どれもいい味出していました。

映画が終わった後、何がダメだったのかな~って考えて

席が一番端で、隣がちょっとうるさげで集中できなかったなぁとか
天使VS悪魔のシチュエーションがわかんなかったなぁとか
登場人物の誰にも共感できなかったよねぇとか・・・

で、結局、映画なんて好みがあるからしょうがないということで・・・
好き・嫌いはしかたがないですよね。

満喫度:¥500/¥1,000  (満喫した金額/チケット代)
      映画は好みじゃないので、コンスタンティン役の満喫度です
[PR]
by hat66840 | 2005-05-05 22:40 | えいが
ホントは『ベルリンの至宝展』のために出かけたのですが
あまりの混雑ブリに、コチラに変更しました。

なので、厳島神社が台風にあったことも、その復興支援のための
企画であることも、中に入って知りました。

コレがよかったです。特に、印象にのこったのが下の3点

・太刀(銘 友成作)・・・平安時代(12世紀)
  刀はまっすぐなものと、思っていたくらい無知な私ですが
  細身ですっきりした美しい姿にホレボレ!とみとれてしまいました。

・扇・・・平安時代(12世紀)
  七夕にちなんだ歌が書かれた、ロマンティックな一品に
  平安時代の貴族の優雅な生活を想像してしまいました。
  
・平清盛願文・・・平安時代(長寛2年・1164)
  写経も初めて見たのですが、まずその美しさと、書かれた文字の端正さ
  と自分の中の豪胆なイメージとのギャップにびっくりしました。
  (ちなみに、平清盛は最初の5行のみしか書いていなかったということから
   強いて心を静めても結構短気?とかも勝手に想像しちゃいましたが・・・)

※それぞれ帰ってきてから、出展一覧でコレかな~って思った作品名を
  書いたので違っていたらごめんなさい・・・

厳島神社の復興をささやかながらお祈りします。

満喫度:¥1,700超/¥1,700 (満喫した金額/チケット代+音声ガイド)
     上に書いた以外にも、美しい素晴らしいものがたくさんでした
[PR]
by hat66840 | 2005-05-05 22:02 | その他
好み超ど真ん中ストライクで、その衝撃は『タイタニック』以来№1です。

オープニングから物語の世界に引き込まれ、エンドロールまで
ドキドキ・ハラハラさせられて、今も興奮が冷めやりません。

いい場所で集中して見られたことも、ジム・キャリーもジュード・ロウも
子供たち3人もメリル・ストリープも、建物や衣装や音楽のクラシカルな
凝ったつくりも、とにかくとにかく最高でした!!!

エピソードが多いけど浅い、ダイジェスト風な感じはありましたが
終わるまでそんなことを気にする暇もないくらいテンポよく進んで
おわった後は、興奮して息があがって胸が苦しくなっていました。

原書で物語の世界にどっぷりつかりこんだ後、絶対、また見ます。
映画館で見たい映画です!でも、DVDもきっと買っちゃいます!!

満喫度:換算できないくらい満喫/¥1,300 (満喫した金額/チケット代)
[PR]
by hat66840 | 2005-05-04 00:42 | えいが(お気に入り)
この本は、映画のパンフレットで興味をもちました。

吸い込まれるようにストーリーに引き込まれ、最後まで読まされて
しまいました。

登場人物で特に思い入れたい人がいなくって、単純にストーリー
で読まされたという印象です。

重くもなくて軽すぎもしない、のんびりしたい休日にちょうどよい
ちょっと懐かしい感じがするラブストーリー(?)でした。

映画になるとまた、違った話になってしまうかもしれませんが
映画も楽しみです。

満喫度:¥690/¥690 (満喫できた金額/定価)
[PR]
by hat66840 | 2005-05-03 08:09 | ほん
1作目でヤン刑事(トニー・レオン)+その上司(アンソニー・ウォン)ファン
となった私は、ヤン刑事の孤独さ加減に心をいためていましたが・・・

3作目でやっと、ヤン刑事の周辺を見られてほっとしました。
精神科医からの帰り道のにやけ顔のトニー・レオンは、抱きしめたくなるくらい
かわいくて、ホントにうれしくなりました。

2作目までは嫌いだったラウ刑事(アンディ・ラウ)も好きになってしまうほど
3作目では出てる人みんなに味があります。
バカのキョンの男っぷりにも驚かされたり、3作目から出てくる人もみんな
魅力的です。

すくいがない話には間違いないのですが、登場人物の魅力で好きにならずに
いられないという感じでしょうか・・・

DVDになったらこっそりひとりでⅡ⇒Ⅰ⇒Ⅲを通しで見て、無間道ワールドに
はまり込みたいです・・・

満喫度:¥1,800超/¥1,800 (満喫できた金額/チケット代)
      映画館もガラガラでしっかり楽しめたので・・・
[PR]
by hat66840 | 2005-05-02 09:01 | えいが(お気に入り)
新作の時に見逃したのをもったいないと思うほど、よい3本立てでした。

1.JSA
  『JSA』は板門店の国境付近のコトを指す言葉で、タイトルどおり南北の
  歩兵たちのお話でした。
  
  これが切ない・・・
  笑わせる部分と緊張させる部分とのギャップが大きさと、笑わせる部分の
  軍人の純朴さに胸がきゅぅっとしめつけられました。
  
  主要軍人4人のキャラがそれぞれに魅力的で、特に兄貴分のソン・ガンホの
  男っぷりにはホレボレさせられました。
  イ・ビョンホンはまだ若くてかわいらしい感じで、目の保養になったし
  残る2人の純粋な感じにも清清しい気持ちになりました。

  
2.純愛中毒
  恋愛ものは苦手なので、ちょっと微妙とおもっていたのですが
  切ない話に引き込まれてしまいました。
  
  兄夫婦・イ・ビョンホン・イ・ビョンホンに片思いの女のコ の4人の愛が
  とにかく熱いです。

  『愛をつらぬく』という言葉を、映像で味わうとこうなるか・・・という感じで
  まぁ、恋愛はキレイごとだけじゃなりたたないというところでしょうか・・・?


3.誰にでも秘密はある
  イ・ビョンホンがとにかくカッコよいです。  
 
  映画自体はありがちな感じの軽いラブ・コメディですが、イ・ビョンホンの
  ダテ男っぷりがはんぱじゃないです。

  そして、なんといってもラストのまとめ方が上手い!
  あのラストじゃなかったら、よく思えなかったに違いないほどです。 

最後に一言、イ・ビョンホンはホントにカッコいいですね~

満喫度:¥3,800/¥3,000  (満喫できた金額/チケット代)
      『JSA』は¥1,800でも惜しくなかった程よかったです
[PR]
by hat66840 | 2005-05-01 08:11 | えいが