Welcome to my blog! 映画とか本とかの感想を記録してみました          好みが片寄ってることをあらかじめご了承願います


by hat66840

<   2005年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

本:象と耳鳴り/恩田陸

とっても好きな感じの短編集でした。

元裁判官:関根多佳雄を中心に、身近に起きる不思議な
出来事の謎解きをしていくのですが

女性作家さんが描くだけあって、出てくる男性が女心のツボに
はまって、関根多佳雄氏とその息子春さんがとっても素敵で☆

派手な事件とかではなく、静かでキレイな印象のまま
穏やかに謎解きが進む感じもすご~く好み。

この春さんが主人公というデビュー作、読んでみたくなりました。

恩田陸さんの本はコレで3冊目ですが、まるっきりフィクションな描写も
多いのに、最後には人間の弱さみたいな暗部をやんわり匂わせる
背すじがスッと寒くなるその分量がよい加減で、好きな感じです。

満喫度:¥590超/¥590   (満喫できた金額/本代)
[PR]
by hat66840 | 2005-07-31 11:16 | ほん

映画:ロボッツ

ロボット達が、かわいかった☆です

カラフルでポップな色使いも、おもちゃみたいなつくりの
ロボット・シティもすっごくかわいくって☆

悪い企業との戦い方も、笑えるかわいらしさで

最初っから最後まで、凝った映像が好みで大満足でした~

お話の方は、ディズニーちっくでお子様安心のHappyな感じで
夏休みに合わせたのも納得です。

ロボッツの公式サイトで、キャラクター投票をやってるのですが
私が好きなコがいなかったので、ココで勝手に投票しちゃいます。
(名前もわからなくってすみません)

・皿洗いティーポット(ロドニーの発明品)
 臆病っぽさ加減と健気さ加減がとってもかわいくってツボでした☆

・ブルーの声なしロボット君(中古ロボ仲間)
 音声キットをもっていないロボットで、拾ったりするMDちっくなキットを
 つける度、どんな声かワクワクしちゃいました☆

満喫度:¥1,300/¥1,300  (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
by hat66840 | 2005-07-30 23:41
北海道土産の、夕張メロンピュアゼリーを頂きました。

イベント手伝いで立ちっぱなしだったので、お茶でも美味しいくらいでしたが
『夕張メロン』感たっぷりのしっかりしたお味は、まさにメロン☆

しかも、冷凍庫でキンキンに冷えてて、美味しさ倍増でした☆

↓ほんっとに美味しかったです~
http://www.hori-group.jp/hori/cart/shop.html
[PR]
by hat66840 | 2005-07-29 23:43 | 3時のおやつ

映画:姑獲鳥の夏

なんか、こだわった感じのキレイな画像が印象に残る映画でした~
(が、印象が好みなだけに、ちょっと文句が多い感想になってすみません)

原作を読んだことがないので、シリーズ物の推理小説にありがちな
登場人物の間の空気感というか
が、全くわからず、微妙に話に入りにくかったのですが

ノスタルジックな世界感をかもしだす、衣装・セット・小物・・・などなど
始めっから終わりまで、統一感ある凝った感じはすごく好みでですね

おどろおどろしげな、背筋が寒くなるお話をイメージしていたのですが
映像がキレイで、気味悪げな印象は受けなかったです

で、阿部寛さんが、さすが元モデルさんだけあって、何着てもカッコよくって☆
白いスーツをあれだけキレイに着こなせる人もあんまりいないですよね~

あと、いしだあゆみさんの凄みある演技と
原田友世さんの上品なお嬢様感といっちゃってる感のギャップに
目をひかれました。

が、田中麗奈ちゃんの使われ方は、あんまりじゃないでしょうか?
(いてもいなくてもよかったぐらい、浮いちゃってたような・・・)

あと、姑獲鳥映像のコント?って思うくらいの微妙な仕上がりと
ラストのちゃっちい暴動シーンで、相当テンションが下がりました。

それ以外は映像も凝っててキレイな感じで、役者さんもそれぞれ
存在感あったのに
まとまりがない感じで、様式美っぽい作ってる感が強くてですね

京極堂(堤真一)の『不思議なことなどないのだよ』って決め台詞も
歌舞伎の見得を切る感じに似た、セリフっぽい感じがして

事件も登場人物も、ちょっと多すぎでごちゃごちゃしてわかりずらく

映画全体を思い返すと今ひとつな印象で
なんか、もったいな~って思ってしまった映画でした。

満喫度:¥350/¥1,000  (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
by hat66840 | 2005-07-28 02:08 | えいが

本:図書室の海/ 恩田 陸

キレイなイメージで背筋がスッと寒くなるみたいな
そんなお話が詰まった短編集でしたが、中でも
『イサオ・オサリヴァンを探して』という話が印象に残りました。

斥候として生きた日本人イサオの人物像が、写真・カメラマンの話
上司や同僚の話などから浮かび上がってくる、といったお話ですが

読み進む内に、穏やかで美しく、しなやかで強いイメージのイサオの
面影にどんどんに惹かれていってしまって

本のあとがきに、このお話は予告編で本編の小説があってもよい
とあったので、いつか本編に出会たらいいな~☆
楽しみにのんびり待ちます。

短編集は、いつも軽めでさらっと読める本を選んでしまいますが
この本は、好き嫌いは別として、どのお話もじっくり時間をかけて
読みました。読み応え、ありました。

満喫度:¥499/¥499  (満喫できた金額/本代)
[PR]
by hat66840 | 2005-07-26 22:42 | ほん
鶴屋八幡さんの黒豆寒天よせを頂きました。

大きくって立派な黒豆がおいし~☆っくて、思わず笑顔になりましたが

残念なコトに、今日もおやつの時間に忙しく
せっかく冷えていたのに、ちょっぴりぬるめの状態で食べたので・・・

寒天部分がやや甘ったるく感じて、若干くどい印象が残りました。

冷えているときは、ちょうどよい甘さだったということなので
食べ時を逃した私が悪いのですが

くー、もったいないことしちゃったよ・・・
それでも、お豆が美味しくって、感動しました☆

↓三撰菓という札のところの黒豆です
http://www.turuyahatiman.co.jp/
[PR]
by hat66840 | 2005-07-26 01:30 | 3時のおやつ

アウトドア用品?:AIGLE

来月ですが、会社の人たちと富士山に登るコトになりまして、
とりあえず靴を買わねばと、池袋サンシャインシティ店に行きました。

トレッキングは経験ありますが、山登りは初めてで、何もわからないまま
富士山登山のコーナーあたりでウロウロしていたのですが・・・

登山靴のゴツさにショックを受け(可愛くないのにお高い!)
こりゃ、1人じゃ無理~!ということで、店員さんに相談して

見た目重視でいきたい乙女ゴコロをくんで頂き、靴も防寒具もリュックも
店内をウロウロ歩き回って、商品を広げまくって、試着しまくって・・・
機能的ながらも、お手ごろで可愛いものが見つかって大満足です。

帰ってきて、改めていろいろあわせてみたら、とってもよい感じで
山登りが楽しみになってきました☆

わけも分からないくせに、かわいいものが欲しいと主張するめんどうな客に
根気強くつきあって下さった、店員の竹内さん本当にありがとうございます☆

[お買い物リスト]
 ・靴:¥7,900
 ・リュック(30ml):¥12,000
 ・アウター:¥14,000

満喫度はまだ使っていないので・・・富士山登山の感想時にあわせて書きます☆
[PR]
by hat66840 | 2005-07-24 11:46 | その他
コレ、おもしろいです。

VOCEで連載されていた美人画報の、キレイの追求加減が好きな
安野モヨコさんの本で、『働きマン』って、タイトルに惹かれて
買っちゃったんですが、面白くって☆

私自身はお仕事バリバリな方ではないので、できる人を無条件に
尊敬しちゃうので・・・

週刊誌:JIDAIの編集者松方弘子の周りの、いろんな人の
お仕事スタイルが描かれていて
一話完結なのも読みやすいし、出てくる人が魅力的で

なんか、何回も読み返したくなるような本でした。

満喫度:¥1,079/1,079  (満喫できた金額/本代)
[PR]
by hat66840 | 2005-07-24 11:05 | ほん

映画:皇帝ペンギン

想像してたより、キレイ!でロマンチックな映画でした。

お話は、予告から受ける印象どおり、南極の過酷な自然の中で
パートナーと出会い子供を生む、皇帝ペンギンの1年のサイクルが
描かれているのですが

南極大陸の氷の透明感とか、風景をピンク色に染める夕陽とか
映像のスケールの大きさや、美しさにほぉってなって

産卵後に、子育ての栄養補給に海に戻るお母さんペンギンのたくましさや
その間、南極の厳しい冬に耐えて100日間も卵を温め続ける、お父さん
ペンギンの辛抱づよさにじぃーんってきて

そんなに頑張った後に生まれてくる、赤ちゃんペンギンは
ふわふわの毛に包まれて、生き物とは思えないくらい可愛くって

パートナーに出会うため、大陸のアチコチから、迷わずに集まるとか
卵がかえる、そのタイミングにきちんと帰るお母さんペンギンとか
生き物の本能のスゴさと不思議さに、関心させられて

ペンギンの姿や動きがユーモラスなので、過酷な印象は薄くって
ナレーションがフランス人っぽいロマンチックな内容で

うっとりと自然の大きさ・美しさに酔いしれる、ゆったりした休日に
良い感じの作品でした。

満喫できた金額:¥1,300/¥1,200  (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
by hat66840 | 2005-07-24 09:45 | えいが

映画:運命じゃない人

こういう映画好きです。おもしろかったです☆

マンションを買った直後に恋人に出て行かれたサラリーマンが
過去の恋をふっきって新しい恋を始める、その第一歩となる一晩が
サラリーマン、その友達の探偵、出て行った恋人と付き合ってる
ヤクザの親分という、3人の男性それぞれの視点で描かれていて

こじんまりした画面で身近に観るのがいい感じのお話で
同じ場面で、それぞれがどう過ごしていたかがわかっていくのですが

出てくる人のキャラが濃くって、同じ場面が違う視点で出てくる度
親しみ度がUPして、どんどん引き込まれていって

ラストで、たった一晩の話だった!って気づかさせるまで
笑わされて、同情して、設定に関心させられて・・・

話の構成が上手くって、出てくる人もみんな魅力的で
観終ったあとウキウキしちゃいました☆

満喫度:¥1,330超/¥1,330  (満喫できた金額/チケット代)
     ミニシアターって、画面の大きさも小さいんですね!
     ホームシアターのりで、気楽に映画が楽しめる感じがいいですが
     コレに¥1,700は払えないかも~
[PR]
by hat66840 | 2005-07-21 23:07 | えいが(お気に入り)