Welcome to my blog! 映画とか本とかの感想を記録してみました          好みが片寄ってることをあらかじめご了承願います


by hat66840
大満足だった富士山登山のツアー内容の具体的説明と感想です。

ちなみに、私、週5日程度ジムで体を動かしてて、女にしては
体力がある方なので、疲労具合はソレを踏まえて読んでくださいね。

[参加ツアー]
 主催:クラブゲッツ/札幌通運
 価格:金曜日出発で1名:¥10,800-

 行程順に、
  ①バスでの移動:
    東京駅前(7:00)⇒新宿駅前(8:00)⇒富士山5合目まで
    私は新宿駅から乗って、11時前には5合目に着いてました

  ②休憩+昼食
    バスがついてから出発の12:30までは昼食の時間と自由時間で
    みはらしという休憩所(?)の3階の座敷で休憩できたのですが、
    ココがですね、私の到着時には下山客でいっぱいで大混雑で
    すきまを見つけて座って、買って行ったパンとかをソコで食べました。
 
    下山客が帰ると、スペースもひろーくなりましたが、混雑時に
    座るトコロを探すのはちょっと苦労で、居心地がいいとはいえない・・
    1人とかだったらきっと、中に入れず外に出ちゃってたと思うので
    会社の人と一緒でホントに良かったです    
   
  ③8合目までの登山
    登山のために集合すると
    山の案内人は若いお兄ちゃんで、お安めのツアーのせいか、参加者の
    年齢層も若めな感じででした。

    登り始めの天気は曇りの合間に晴れ間が除く、といった微妙な感じで
    途中で一度軽く雨がふりました。

    なので、はじめは景色もガスというか雲というかで囲まれてる場面が多く
    高いトコロに登ってる感じがしなかったです××
    
    でも一度雨が降ったあと、空も晴れて、高いトコロから眺める風景が
    楽しめるようになり、テンションがあがりました

    山の案内人のお兄ちゃんが、テンションをあげようと頑張ってくれて
    登山者の渋滞もあったりで、ペースものんびりで
    8合目までは、雨がちょっと降った時以外は、あまり苦もなく登れました。   

  ④山小屋での仮眠
    8合目に着いたのは18時過ぎ、山小屋は『白雲荘』でした。
    まず寝床を割り当てられて、荷物を置きました。
  
    私が泊まった日は、お布団2組敷ける程度の空間に3名で
    眠るといった感じで、隣の方がお友達側によってくれてたので
    スペース的にはソコソコゆとりがあり、トイレにおきるのも楽でしたが
    混雑時には、ココに8名で寝なきゃいけないとか・・・
    どうやって収まるのか想像できない位、ソレは無理な感じでしたけど

    夕飯はカレー、具なしのレトルトカレーって感じでしたが、ご飯も
    おいしく炊けててまずまずでした。
    ビールとかも売っていましたが、ビールを飲んだ会社の人は、
    夜の登山時に微妙にお酒が残って調子が悪いらしく、みんな
    後悔していたようなので、オススメしません。
    
    ご飯の時に翌日の朝食を受け取り、その後は個々に眠りに入りました。
    布団についてはひどい話も聞いていたのですが、『白雲荘』の布団は
    とくに湿ってる感じもなく、思ってたよりずっと快適でした。

    でも、夜の7時から眠りに着くのはやっぱり難しく、ちょっと興奮していた
    のもあり、熟睡はできないままウトウトしながら横になっていました。

  ⑤8合目⇒山頂
    山頂に向けての登山を開始したのが、夜中の1:30でした。

    最初の岩場が結構きつく、いきなり息が上がって酸素の薄さを実感
    『食べる酸素』を食べて、調子を戻しました。

    個々のヘッドライトで進むのですが、何せ登る人が多いので
    足元は明るかったのですが、視界がせまくって、あまり楽しい感じはなく
    黙々と登っていた印象があります。
 
    それでも、月が強烈なライトくらいにピカピカで近く感じたり
    登山者のヘッドライトがつづら折に連なる様子が、やや宗教ちっくな
    荘厳な感じがしたり
    雲の下に、町の明かりが広がる夜景も珍しかったりで
     余裕のあるうちは、夜の登山の味わいを楽しみました。

    上るにつれ息のあがる間隔がせまくなり、ちょっと乗り物酔いちっくな
    いやな感じで若干調子が悪くなったのですが、一緒に登ったのが
    会社の人だったので若干遠慮があり、休憩時間にぐったりする以外は
    黙々と登り続けました。

    山頂にある鳥居前の岩場が若干長く、ちょっとイヤな感じがしつつも
    最後まで登り、薄明るくなっている空を眺めたところで
    一度視界が暗くなり、貧血のような状態になりました。
    少し休んで、視界が戻ってきたところで、山頂のお店で少し休み
    全然知らない前に座っていた方から、酸素缶を頂いたりして、
    体調も戻りご来光の時間には、外に出られました。
    弱っている時に頂くやさしさ身にしみました、ありがとうございます。

    その後体力のある人はお鉢まわりをして、一番高いトコロまで
    いくことになって、とっても行きたかったのですが、周りの人に
    迷惑をかけずに回れる自信がなく、残念ですがあきらめました。

    山頂の寒さははんぱじゃなかったです、気温もですが風が強くって
    体感温度が低いので、暖かいアウターの準備が必須です。
    私は、寒い体をあっためるために筋肉を意識して動かしていましたが
    ソコで酸素を無駄に消費したような気もするので、あんまりオススメ
    できません。
    無理せずに休憩するコトが、ホントに大切なコトだと実感しました。
  
  ⑥山頂⇒5合目(下山)
    下山道は、道も歩きやすく、天気が良かったこともあり、景色も美しく
    リラックスモードで歩けましたが
    
    火山灰と石の道は、場所によってはとてもすべりやすいので足元に
    注意が必要だったことと
    単調な道が延々つづくので、飽きちゃうのが嫌なトコロでした。

    山小屋で眠れていなかったので、途中の休憩でお日様の光が気持ちよく
    ウトウト寝ちゃいそうになりつつも、11時前には山小屋に戻れました。
    
  ⑦休憩+温泉
    5合目到着からバス出発の13時まで、山小屋ではぐっすり
    眠りこけてました。
    その後、河口湖の温泉に向かったのですが、これがびっくり。
    ツアー客の人数が、浴室のキャパを越えているらしく、洗い場を
    使うための行列ができていました。(私の前で8人くらい・・・)
    初めての温泉での光景で、インパクトありました・・・

    で、昼食を頂きつつ、ビールなどを頂きながらお疲れ様会をしつつ
    帰りのバスの時間を待ちました。
    
    入浴につくのはタオル1枚で、シャンプー・ボディーシャンプーは
    備え付けのものがあります。
    ドライヤーとかは何せ混んでいるので、髪はまとめるものをもって
    いった方が無難と思います。
    ココでの食事は、ツアー代には含まれていません。

  ⑧バスでの移動
    15時に温泉を出発し、新宿駅には17時過ぎに到着しました。
  
 と、いう感じでした。
 長くなりましたが、最後まで読んでくださった方ありがとうございます。

 キャパを相当超えた人数で対応しているんだなぁっていう印象が強く
 ツアーで富士山に登るなら、ソコは踏まえて、多少のガマンが必要
 なんだなーって思いました。

 帰宅後の体の疲れに関しては、普段鍛えていないふくらはぎに
 若干筋肉痛があったものの、意外に普段と変わりませんでした。

 でも、登山が、筋力とか体力だけでは太刀打ちできなかったのも
 とっても印象にのこりました。

満喫度:¥10,800超/¥10,800  (満喫できた料金/ツアー料金) 
[PR]
# by hat66840 | 2005-08-22 00:54 | その他
富士山で、ご来光を拝んできました☆

新宿駅からバスにのって、5合目~8合目まではツアーで、
8合目~山頂までは、個々に登っていく形でのぼって

山頂についたときに、高山病なのか貧血っぽくなってしまって
お鉢めぐりができず、いちばん高いところまで登れなかったこと
が、ココロ残りですが

青い空と木々の緑、白い雲みたいな自然を
高~いところからみる風景の爽快感と

山肌にそって登ったり、降りたりしてる雲の面白さ
夜に照明みたいにピカピカだった、月の明るさ
登山者のライトが連なる、夜の山道の荘厳な感じ

そして、なんといっても雲海の中に上がってくる
ご来光を見た時の、寒さも忘れるような清々しい気持ち
ピンク色に染まった、ごつごつした岩肌の壮大な感じ

ホント~に、登って良かったです。

普段あんまり話したことのなかった会社の人が
みんないい人でちょっとうれしくなったり
なんだかとっても良い経験をしました。

いちばん高いトコロまで行けなかったので
また機会があったら登りたいなぁなんて
思ってみちゃっていたりして・・・
[PR]
# by hat66840 | 2005-08-21 22:26 | その他
見終わった後に、背筋が寒~くなる映画でした。

虐待をしてる親が、子ども(の内臓)を売り飛ばすための
健康状態のチェックもかねたキャンプが舞台で

ほのぼのとした映像と、若干ブラックな笑いに
『ココで笑ってる私、OKなのか?』って、不安も混じりながら

くすくす笑いつつ、楽しんで見てたんですが
ラストにきて、怖くてちょっと、固まりました。

ホラーな気持ちで固まっていた中で、始まった舞台挨拶で

すでに役者な子供たちのかわいらしさ☆に笑って
監督のダンカンさんと個性派俳優さんたちのかけあいも楽しく
とってもかわいいダンカンさんの息子さん虎太郎くんの登場も微笑ましく

楽しい気分で、映画館を後にすることができました。

役者さんの中では、子供役の川原真琴ちゃんが
同じ人種とは思えないくらいキレイでかわいくって☆それも印象に残りました。

予告を見て、子供たちはどうなっちゃうの?
って、気になって、初日から見に行っちゃったのですが
ラストは、最悪、というか、リアルに怖さを感じるパターンのものでした・・・

満喫度:¥1,800/1,800  (満喫できた金額/チケット代)
     舞台挨拶分もふくめて、映画だけだったら¥1,200くらいでしょうか・・・
[PR]
# by hat66840 | 2005-08-14 08:37 | えいが
ほんっとに、ハービー最高☆でした。

タレントがCMしている映画って、なんかダメっぽいイメージで
どうかな~って、思ってたら
おもいっきり、大好きな☆系統の映画でした。

小粒でB級な感じですが、ディズニーっぽいといいますか
軽めなのに感動があって、楽しくみられるみたいな・・・
(クール・ランニングとか、マイティ・ダックとかみたいな)

すねたり、はしゃいだり、ときめいたり…って、感情豊かで
車高の低いカッコいいレースカーの中で、ころんと丸い
フォルクスワーゲンのハービーが、とっても、とっても
かわいくってですね☆大笑いしちゃいました。

あと、無理をしつつも、娘に卒業祝いをプレゼントして
娘にレースをさせない理由も、とってもロマンチックで
ピンチの時にバシッと頼れるパパ、素敵すぎです☆

字幕版を見るために、六本木まで出かけていった
かいがありました☆

満喫度:¥1,300超/¥1,000  (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
# by hat66840 | 2005-08-11 01:09 | えいが(お気に入り)
とらやさんの水羊羹-和三盆糖- を頂きました。

上品な甘さの味わい深い、おいし~い☆水羊羹でした。

水羊羹とか食べると、お盆だー!って
なんか、夏の気分盛り上がりますよね。
もうちょっと安っぽめの、甘ったるいヤツも結構好きです。

↓和三盆糖って、徳島のお砂糖なんですね~
http://www.toraya-group.co.jp/products/pro08/pro08_005.html
[PR]
# by hat66840 | 2005-08-09 21:13 | 3時のおやつ
PASTELの、なめらかフルーツゼリーを頂きました。

ゼリーがなめらか?って、気になっていたものですが

クラッシュな感じのゼリーの甘さと、フルーツの酸味の
バランスがよい感じで

『なめらか』っていう表現は、ちょっとわかんなかったんですが
美味しかったです☆

↓コチラのゼリーフェアの中にあります
http://www.chitaka.co.jp/20original/21pastel/f_pastel1.html
[PR]
# by hat66840 | 2005-08-05 08:25 | 3時のおやつ
ポップな色使いと、シュールでほのぼの~、ってした笑いが好みでした。

自分の存在価値に不安を抱く、主婦:スズメの地味~な生活の中で
つかみの気になる映像があって、『ないでしょソレ』って笑いのネタがあって
妙に冷静なスズメのつっこみナレーションが入る・・・

って感じのシーンが、えんえん続いていくような映画でしたが

上野樹里ちゃんのほわ~んってした雰囲気の演技・ナレーションが
ツボに入って、くすくす笑わされました。

ポップな色使いのスズメの部屋とか洋服とかも、かわいくって好みでした☆

あと、刑事役?の伊武雅刀さんの、仮面ライダー風なへんな体操も
気になりました!
最近、映画の中の伊武雅刀さん、面白くって気になります~

地味~に笑った映画の後で
ロビーにあふれる人の客層が、バラエティに富んでてシュールな感じで
新宿の映画館っておもしろ~いですね☆

満喫度:¥1,000/¥1,000  (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
# by hat66840 | 2005-08-03 23:09 | えいが

本:象と耳鳴り/恩田陸

とっても好きな感じの短編集でした。

元裁判官:関根多佳雄を中心に、身近に起きる不思議な
出来事の謎解きをしていくのですが

女性作家さんが描くだけあって、出てくる男性が女心のツボに
はまって、関根多佳雄氏とその息子春さんがとっても素敵で☆

派手な事件とかではなく、静かでキレイな印象のまま
穏やかに謎解きが進む感じもすご~く好み。

この春さんが主人公というデビュー作、読んでみたくなりました。

恩田陸さんの本はコレで3冊目ですが、まるっきりフィクションな描写も
多いのに、最後には人間の弱さみたいな暗部をやんわり匂わせる
背すじがスッと寒くなるその分量がよい加減で、好きな感じです。

満喫度:¥590超/¥590   (満喫できた金額/本代)
[PR]
# by hat66840 | 2005-07-31 11:16 | ほん

映画:ロボッツ

ロボット達が、かわいかった☆です

カラフルでポップな色使いも、おもちゃみたいなつくりの
ロボット・シティもすっごくかわいくって☆

悪い企業との戦い方も、笑えるかわいらしさで

最初っから最後まで、凝った映像が好みで大満足でした~

お話の方は、ディズニーちっくでお子様安心のHappyな感じで
夏休みに合わせたのも納得です。

ロボッツの公式サイトで、キャラクター投票をやってるのですが
私が好きなコがいなかったので、ココで勝手に投票しちゃいます。
(名前もわからなくってすみません)

・皿洗いティーポット(ロドニーの発明品)
 臆病っぽさ加減と健気さ加減がとってもかわいくってツボでした☆

・ブルーの声なしロボット君(中古ロボ仲間)
 音声キットをもっていないロボットで、拾ったりするMDちっくなキットを
 つける度、どんな声かワクワクしちゃいました☆

満喫度:¥1,300/¥1,300  (満喫できた金額/チケット代)
[PR]
# by hat66840 | 2005-07-30 23:41
北海道土産の、夕張メロンピュアゼリーを頂きました。

イベント手伝いで立ちっぱなしだったので、お茶でも美味しいくらいでしたが
『夕張メロン』感たっぷりのしっかりしたお味は、まさにメロン☆

しかも、冷凍庫でキンキンに冷えてて、美味しさ倍増でした☆

↓ほんっとに美味しかったです~
http://www.hori-group.jp/hori/cart/shop.html
[PR]
# by hat66840 | 2005-07-29 23:43 | 3時のおやつ